脊柱管狭窄症の症状を理解しましょう|ビリッときたら要注意

23区で最大の人口

看護師

世田谷区は東京23区で一番人口が多く、古くからの住民の高齢化が顕著となっています。世田谷区の内科は混雑するので夕方の診療時間を延長している診療所は人気があります。高齢化に対応して検査機械の導入が進んでいますので便利にはなっていますが、緊急時には大病院の受診が必要です。

加齢により増えるイボ対策

医者と患者

脂漏性角化症は肌の老化が原因となり、顔や首回りを中心にイボができてしまう症状です。これは皮膚科で取り除いていくことができ、治療法はその状態によってさまざまです。脂漏性角化症ができてしまう原因は紫外線の影響も強いことから、紫外線対策をすることで脂漏性角化症の予防につながります。

背骨から全身に関連する病

シニア夫婦

背骨の疾病の豆知識

背骨から全身に症状が出る脊柱管狭窄症という疾患が、近年広がりを見せています。脊柱管狭窄症は背骨の中に含まれる部位が、姿勢の悪化や加齢によって圧迫され、神経が刺激される疾患です。神経に関連する病のため、症状は腕に出ることもあれば、足腰に出ることもあり、全身に関連する病と言えます。上半身に症状がでるものを頸部、足腰に出るものを腰部脊柱管狭窄症と呼びます。脊柱管狭窄症の広がりの背景としては、高齢化が重要なキーワードになっていることは大切な知識です。今後、先進国の高齢化は加速していくと考えられているので、医療においても家庭、個人においても、自分や家族が脊柱管狭窄症になった場合、どのような対策をすべきか考えておくことが必要と言えます。

早期発見の工夫が重要

脊柱管狭窄症は進行すると全身に関わる病気になりますが、早期発見、早期治療によって日常に支障のないレベルに回復できます。早期発見のポイントとしては、腕や手、足腰に異常を感じたら迷わずに医療機関を受診すること、定期的な健康診断を受け、医師からのアドバイスを受けたうえで気になることをしっかり相談するという工夫が挙げられます。日ごろの取り組みが脊柱管狭窄症の早期発見に繋がると言えます。また、早期発見ができればもちろん早期の治療も可能になります。脊柱管狭窄症は初期の場合、薬物療法を中心に治療を進めていくため、手術など大掛かりな治療を受けずに済みます。医療費の面でも、早期治療は手術より安価に済むので、負担を減らす工夫として覚えておくことが大切です。

血糖値が高いときは

病院

糖尿病リスクが高まると、あらゆる体調不良を引き起こす原因になりかねません。糖尿病になってしまうと、血糖値を下げる治療が必要になります。たとえば、食生活を正したり、運動を心がけることが求められるようになります。