脊柱管狭窄症の症状を理解しましょう|ビリッときたら要注意

加齢により増えるイボ対策

医者と患者

イボができてしまう症状

脂漏性角化症は年配の人に多く見られる症状で、顔や首回りの皮膚にイボができてしまうことを言います。このイボは、ほくろのような黒くて大きなものもあれば、肌色の小さなイボもあります。これがたくさんできてしまうようになるので、見た目も変わってしまい、服にこすれたり耳や目の近くにできてしまうと支障が出てしまいます。そのため、この脂漏性角化症は治療で取り除いていくことができるので、諦めることのない症状です。脂漏性角化症は皮膚科で治療を受けていくことができ、小さなものであれば液体窒素やレーザーを使って除去が行われます。痛みはそれほどなく、1回の治療できれいに治ることも多いです。そして、イボの状態が大きければ外科手術によって取り除かれます。部分的に麻酔を打っていくので痛みも心配もなく、傷跡が目立たないようにきれいに行ってくれるので安心です。脂漏性角化症は治療内容によっては健康保険が適用されることもあるので、症状に困っている場合は1度診てもらうのがいいでしょう。

紫外線対策を意識する

脂漏性角化症になってしまう原因は、紫外線による肌のダメージやホルモンバランスの影響なども考えられます。それが年齢によって積み重ねられていくので、肌の老化としてあらわれてくるようになるのです。このことから、脂漏性角化症を予防していくには、紫外線をなるべく避けていくことが普段からできる対策になります。紫外線の影響は実はとても肌には負担となってしまうことから、将来のことを考えればその必要性は十分にあります。顔や首回りに症状が出てしまうのも、この部分が隠せないことから紫外線の影響を強く受けてしまっているのです。若い人でも今のうちに肌のダメージを考えていくことが大切で、極力工夫をしながら紫外線を避けていくようにしましょう。